FC2ブログ

児童部…6月4回目

児童部…6月4回目(6/26・27・29)の日記です

《回転レース画》
今回の児童部はデザインの課題です。くるくると規則的な動きをすることによってできる、レース編みのような美しい模様を味わいますさて、どんな形が現れるかな〜

まずは型紙作りからスタートです「ひらがな」「カタカナ」「アルファベット」の中から好きなものを選んで、厚紙に袋文字で描いていきます。
DSCN0434.jpg

DSCN0435.jpg

型紙ができたお友達から「分割」の作業に入ります。円をできるだけ均等に32分割にしていきましょう4分割→8分割→16分割…と手順よく行えばバランスよく分割できますよ
DSCN0640.jpg

円の中央に型を固定し、いよいよレース模様の制作開始です型をぐるりと一周なぞったら、分割の印に沿って少しずらし、更になぞります。「ずらす→なぞる」の繰り返しで模様が出来上がっていきます
DSCN0492.jpg

DSCN0555.jpg

DSCN0507.jpg

DSCN0617.jpg

DSCN0644.jpg

DSCN0608_2019071612003142c.jpg

こんなふうに仕上がりました〜とてもきれいな模様ができましたね是非おうちで飾ってください
DSCN0467.jpg

5・6年生+やる気満々のお友達は64分割にも挑戦しました模様がより複雑になって立体感すら感じますね〜
DSCN0487.jpg

DSCN0632_20190716120034abd.jpg

DSCN0635.jpg

中学生…6月4回目

中学生…6月4回目(6/24)の日記です

《輪っかを描く》
今週の中学生の課題は鉛筆デッサンです。モチーフは、紙で作った「輪っか」にしましたラインをしっかり目で追って、違和感のないようにひねりのある形を表現してみましょう教室の蛍光灯を調節して、影の落ち方がわかりやすいようにしましたよ

DSCN0372.jpg

まずはレベル1の輪っかからスタートです陰影もつけてみました。
DSCN0365.jpg

DSCN0386_2019070816101550f.jpg

続いてレベル2。メビウスの輪です
DSCN0393.jpg

最後はねじりの多いモチーフです。形に矛盾がないよう、よく観察してみてください
DSCN0394.jpg

DSCN0395.jpg

こんな感じに仕上がりました〜
DSCN0418.jpg

児童部…6月3回目

児童部…6月3回目(6/19・20・22)の日記です

《空想植物画》
今週の児童部は、空想で描く自由画の課題です。動物と植物の違いを話し合ったあと、見たこともない新種の植物の絵を考えました

まずは調査書の記入から始めます。「植物名」「名前の由来」「好きな場所」「分布」「原産地」「特徴」などを考えながら、どんなビジュアルにするかイメージを膨らませていきます

DSCN0273_20190625210020c7a.jpg

植物ですから「種子の運ばれ方」は大事なポイントです。自ら動くことのできない植物がどうやって増えていくのか…。更に「食べられるのかどうか?」まで考えましたよ

DSCN0326.jpg

DSCN0095_201906252100047ea.jpg

新種の植物はどんな形かな
DSCN0096.jpg

DSCN0322.jpg

DSCN0239_20190625210641cbc.jpg

DSCN0159_20190625210010a51.jpg

DSCN0153_201906252107510d9.jpg

DSCN0336.jpg

DSCN0164.jpg

こんなふうに仕上がりました〜一見植物には見えないような形のものから、パッと鮮やかで目を引く色合いのお花まで…色々なアイディアがでましたよ

DSCN0209_201906252100157f1.jpg

DSCN0305.jpg

DSCN0189.jpg

DSCN0343_20190625210027b38.jpg

DSCN0212_20190625210016f55.jpg

中学生…6月3回目

中学生…6月3回目(6/17)の日記です

《ストローbridge〜続・リベンジ!!》
先週に引き続き、「ストローbridge」の制作をしました。構造の話をしたあとなので、自由に制作していたときとは違い随分丈夫そうな橋が出来上がっていますさて、何kgの重さに耐えられるでしょうか…。。

参考資料を片手に、黙々と制作を続けます。制限時間は50分の予定でしたが、組み上がらないお友達が多かったので1時間20分に延長して作業をしました
DSCN0051_2019062322025064c.jpg

DSCN0054_201906232202511d2.jpg

制作途中での計測も忘れずに歪みをチェックして補強が必要な部分を見極めます
DSCN0071_20190623220253eef.jpg

いざ計測〜水のおもりをぶら下げて、壊れずに15秒間耐えられたらクリアとします(ちなみに前回のチャレンジの最高記録は1,5kgでした!)
DSCN0077.jpg

DSCN0075.jpg

結果は…最高記録はな、なんと5,5kgでした〜(1年生のKくんと、3年生のHさんの記録です
DSCN0080.jpg

DSCN0089.jpg

こんなに軽くて柔らかいストローが、トラスやアーチなどの構造で組んでいくと、5キロ以上の重さに耐えられるなんて驚きです全員揃って1回目よりもグンと記録を伸ばすことができました

児童部…6月2回目

児童部…6月2回目(6/12・13・15)の日記です

《ストローとモールを使った幾何学立体》
今週の児童部は、デザイン&工作の課題ですカラフルなモールと、ストローを上手に組み合わせて幾何学的な立体オブジェを作ります

まずは練習から。皆で揃って「正四面体」を作ってみますストローを6本、モールはくの字に曲げたものを12本使用します
DSCN9735.jpg

形を作るだけならモール8本で組み上がるのですが、図形がばらばらにならないように補強に4本追加します
DSCN9937.jpg

さぁ自由に作ってみましょう「正五角柱」に「正十二面体」に「正二十面体」…試作を沢山用意したので、複雑な形にもトライできるでしょうかもちろんオリジナルの立体作品も大歓迎です

DSCN9974.jpg

DSCN9745.jpg

DSCN9802_20190621193054390.jpg

DSCN9738.jpg

DSCN9926_201906211945209ac.jpg

DSCN9935_20190621193057adb.jpg

DSCN0007.jpg

DSCN9982.jpg

こんな感じに仕上がりました〜
DSCN9966_20190621193100aea.jpg

DSCN9775.jpg

DSCN0030.jpg

大きな作品を作ったお友達は補強のモールを入れるのが大変でしたね!!(正二十面体は60本のモールを使用します)制作に学年差は特に感じず、手を動かしているうちに立体の仕組みを理解したお友達が、自力でサクサクと組み上げていくのが印象的でしたデザイン的に面白い作品も沢山誕生しましたね