FC2ブログ

中学生…9月3回目

中学生…9月3回目(9/20)の日記です

《お面を作ろう》
先週に引き続き「ジンベイザメ」の細かい模様を描きたして、最終確認ですスケールの大きい作品になりましたよ

完成です正面から見ると、こんな感じです
_DSC8486.jpg

かぶってみると…楽しいお面に仕上がりました
_DSC8500_20210926143253145.jpg

《夕陽〜アクリル画》
新しい課題に入りました。本人のリクエストで、「夕陽の絵」に挑戦ですちょっと難しいかもしれませんが、持参した写真をよく見て、撮影時の情景を思い浮かべながら描いてみましょう

まずは、グラデーション部分です。アクリル絵の具は乾燥が早いので、メディウムを混ぜたものを使用します
_DSC8494.jpg

《ピーマンの模刻》
紙粘土で大まかな肉付けをしたので、今週は細部を整えていきます。いろいろな器具を使用して、必要のない部分を削り取り形を整えていきました
_DSC8490.jpg

《ゆるキャラを考えよう》
こちらも新しい課題です。「ゆるキャラ」といえば、伊豆の国市には韮山反射炉PRキャラクターの「てつざえもん」がおりますが…今回は、どんなものを対象にしてもかまわないので、ゆる〜い雰囲気のキャラクターを考えます

まずは資料集めから。「名前」「年齢」「性別」「出身地」…など、細かい設定を考えることによってよりキャラクターのイメージが固まってきます
_DSC8496.jpg

中学生…9月2回目

中学生…9月2回目(9/13)の日記です

今週の中学生クラスは、4名がそれぞれの課題に取り組みました

《お面を作ろう》
先週からの続きです。アクリル絵の具やペンキを使用して、「ジンベイザメ」のお面を着彩していきます。

ツルツルとしたコーティングはしない予定なので、塗り残しのないように隅々まで丁寧に塗っていきます
_DSC8266.jpg

《ピーマンの模刻》
ピーマンをモチーフに、スタイロフォームと紙粘土を使用して模刻をしていきます。

芯になる部分は、円柱型になるようにスタイロフォーム(断熱材・目の詰まった発砲スチロールのようなもの)を切り出しました。紙粘土でまずはざっくりと肉付けをしていきます
_DSC8269.jpg

《漫画の模写》
自分の好きな漫画を持参してもらい、お気に入りの1ページを模写します

「ブルーロック」というサッカー漫画からの1ページを選びました
_DSC8260.jpg

まずは、お手本と清書用紙の画面を分割し、見比べながら下書きをしていきます。
_DSC8267_20210917153648f98.jpg

《トマトの断面図》
先週時間が足りずに「不完全燃焼」とのことだったので、もう1週じっくりと取り組んでもらいました

部分ごとに異なる赤みの調整と、トマトのタネ部分の不自然にならない鮮やかさのバランスが難しいです
_DSC8263.jpg

こんな感じに仕上がりました
_DSC8277_20210917153651af1.jpg

中学生…9月1回目

中学生…9月1回目(9/6)の日記です

《トマトの断面図》
今週の中学生クラスは、児童部に続き野菜の断面図の絵を描きましたトマトをモチーフに、どこまで自然な色味に迫れるか挑戦です

まずは鉛筆で下描きをします
_DSC7729.jpg

場所によって異なる赤色を作り、アクセントとなる種の周りの緑色っぽい部分はくすませ過ぎず明る過ぎず…時々ドライヤーで絵の具を乾かして、色を落ち着かせてから塗り重ねると全体の様子がわかりやすいです
_DSC7736.jpg

_DSC7740.jpg

こんな感じに仕上がりました〜
_DSC7755.jpg

_DSC7764.jpg

《お面を作ろう》
夏前に制作していたお面の続きです大胆な発想からスタートした「ジンベイザメのお面」ですが、全体の形が見えてきました完成間近ですよ〜

段ボールに障子紙を貼って全体をコーティングし、着彩をしていきます
_DSC7746.jpg


「マーク・ロスコ」の偽物を探せ!!
先週制作した中学生の「マーク・ロスコ」風の作品と、本物の作品を写真に撮って、どれが生徒の作品か保護者の方に当ててもらいました

皆さんは分かりますか〜
_DSC7732_202109101608265a8.jpg

正解はこちらです
































中学生の作品
(作品C)
_DSC7204.jpg

(作品H)
_DSC7205.jpg

(作品D)
_DSC7206.jpg

お子さんの作品をピタリと当てられた方もいらっしゃいました3人共なかなかよく描けていたので、難しい問題でしたね〜

中学生…8月1回目

中学生…8月1回目(8/30)の日記です

《マーク・ロスコのように》
今週の中学生クラスは、抽象表現主義の代表的な画家「マーク・ロスコ」のように、フラットな色彩で画面を埋め尽くす表現に挑戦です

まずは座学からスタートですレゾネと呼ばれる「総目録」を観ながらロスコの経歴を追っていきます。ロスコといえば「色分けされたブロックのような抽象画」(下記参照)のイメージがありますが、初期の頃から抽象画を描いていたわけではないのですね〜
_DSC7192.jpg

ロスコの作品
detail-rothko-classic-two-a.jpeg

ローラーと版画インクを使用して、画面を好きな色で分割してロスコのように描いてみましょう
_DSC7196.jpg


高額で売買されているロスコの作品ですが(88億円の値がついたものもあるようです)一見単純そうに見える画風から、贋作もたくさん出回ったといわれています。美術商でも、本物と偽物の区別がつかなかったとか…。そこで今回、皆にロスコ風な作品を作ってもらい写真に撮り、次週、御父兄の方にどれが中学生の作品でどれが本物の作品か当ててもらうことにしました

よって、今週のblogは完成作品のアップはありませんが…次週をお楽しみに大分雰囲気を寄せた作品に仕上がっていますよ

中学生…7月4回目

中学生…7月4回目(7/26)の日記です

《架空の生き物》
自由画の課題です。こちらが指定した条件に合う生き物を想像しながら描いていきます方向性が決まったら、図鑑なども参考にしながら形にしていきました

こちらが出した条件は…
①南の島で見ました。
②星のたくさん見える夜でした。
③角が生えていました。
④体の一部が毛に覆われていました。
⑤体には模様がありました。
⑥泳ぐのが得意で、魚が大好物でした。
⑦鳴き声はとても大きく10キロメートル先まで響きました。の7つです

どんな生き物になるでしょうか条件からどんどんイメージを膨らませてみましょう
_DSC6027.jpg

体の模様が特徴的な、水かきのある生き物が誕生しました〜
_DSC6041.jpg

《ピクトグラム》
先週からの続きです。ピクトグラムは一目ではっきりと指示が通ることが重要なので、面相筆とアクリル絵の具を使って細部まで丁寧にキリッと仕上げました

_DSC6028.jpg

オリンピックの開会式では、パントマイムによる「ピクトグラム」が盛り上がりましたが…こちらの「学校で使えるピクトグラム」も大変よくできています
_DSC6037.jpg

_DSC6046.jpg


《輪っかのデッサン》
時間が余ったので、「紙テープを輪っかにしたもの」をモチーフにデッサンをしました。正しく明暗をつけて、立体的に見えるように描きます。

_DSC6029.jpg

_DSC6038.jpg