児童部…6月4週目

児童部…6月4週目(6/27・28・30)の日記です

《マティス〜「イカロス」のように》
今週は、名画を参考にした課題です。アンリ・マティスの切り絵作品「ジャズ」シリーズを鑑賞し、作風を真似して制作してみました切り絵を通して、色の魔術師と呼ばれたマティスの色彩感覚、デザインに触れることができるでしょうか

参考しした作品はこちら
マティスイカロス

まずはペンキで全体を青くして…
DSCN0168_201807161815222f1.jpg

DSCN0205.jpg

メインのシルエットの型を新聞紙でとり、黒い色画用紙に写して切り抜きます。
DSCN0208.jpg

ワンポイントの赤と、黄色の形(光?衝撃?「イカロス」ですから太陽熱でしょうか??)を切り抜きます
DSCN0213_2018071618153163d.jpg

こんな感じに仕上がりましたシンプルですが力強い作品です
DSCN0237.jpg

DSCN0232.jpg

《マティス〜「ポリネシア・海」のように》
こちらも同じく、マティスの作品を参考に切り絵の制作をしました。形を作る際に、下描きを一切せずに頭で考えながら切り進めていったので、ハサミの特訓のような授業になりましたよ

参考にした作品はこちらです
マティスポリネシア

4つ切りの大きな紙に、まずは青と水色の色画用紙を交互に貼り付けます
DSCN0187.jpg

続いて、ニョロニョロした海藻のような形をハサミで作っていきました細かい作業なので、手を切らないように気をつけて〜
DSCN0253_20180716181535178.jpg

今週はここまで〜次回も画面の中を切り絵で埋めていきます
DSCN0199_2018071618152572f.jpg

児童部…6月3週目

児童部…6月3週目(6/20・21・23)の日記です

《ペットボトル飲料を描く》
先週に引き続き、よく見て描く課題です。今週は着彩面相筆を上手に使って、ロゴの白抜きに挑戦しましたみんな集中して丁寧に仕上げることができましたよ〜

《コカ・コーラ》…低学年
アクリル絵の具を使って、ラベルの着彩をしていきます。ロゴ周りですが、面相筆を立てて筆先に近い部分を持つと、筆がコントロールしやすく細い線を引くことができますコーラの中身は、2色のインクを使って塗り分けをしました。光の反射による微妙な色の違いをみつけることができるでしょうか

DSCN0008.jpg

DSCN0013.jpg

DSCN0103_20180626171559f95.jpg

そっくりになるよう、白マジックで「ORIGINAL TASTE」と文字をいれて、蛍光灯の映り込みを描いたら完成です
DSCN0051.jpg

《ポカリスエット》…高学年
こちらもまずは、アクリル絵の具を使ってラベルを塗っていきます。中の液体はほぼ透明なので、光を意識しながら着彩を進めます。ボトルの歪みによる光の屈折を3色のインクの濃淡で表現していきました。「白いインクが欲しい〜」とリクエストが出たクラスもありましたよ

DSCN0054_20180626171555441.jpg

DSCN0066.jpg

DSCN0119.jpg

DSCN0114.jpg

こんな風に仕上がりましたラベルの細かい文字は白マジックを使用しましたが、ロゴは筆を使っての白抜き(文字を塗らず、文字の周りを青色で塗っています)で頑張りましたよ
DSCN0095.jpg

DSCN0002.jpg

児童部…6月2週目

児童部…6月2週目(6/13・14・16)の日記です

《ペットボトル飲料を描く》
今週はよく見て描く課題です。モチーフに選んだのは、小さめのペットボトル飲料です低学年さんはコカコーラ、高学年さんはポカリスエットに挑戦しました!どちらのロゴもとても格好良いので、そっくりに真似してみましょう

まず最初にウォーミングアップです。描写時間を5分間とし、モチーフの形をなんとなく追ってみましたキャップの形、曲線から直線になるところ、底の複雑な様子、ラベルの位置…どんな風な構造になっているか、気付きはあったかな
DSCN9817.jpg

今度は、モチーフだけを目で追って、紙を一切見ないで描いてみます
DSCN9876.jpg

手元が見たい誘惑に負けてしまうので(笑)、皆には段ボール製の「手元ガード」を用意しましたよく知っているつもりのペットボトルですが、形の先入観を捨てて凹凸だけをじーーーーーっと追って描いていきます。ぐちゃぐちゃな絵になっても気にせずに!!目の動きと手の動きを連動させて描いてみますDSCN9878_20180620143646077.jpg

DSCN9879.jpg

DSCN9821_20180620143640eb2.jpg

DSCN9847.jpg

さて、ここからが本番です画面に対してモチーフが小さくなりすぎないように注意しながら進めていきましょう
DSCN9802.jpg

DSCN9890.jpg

DSCN9909_20180620143650b50.jpg

今週はここまで〜
DSCN9868.jpg

ロゴに関しては着彩のメインになるので、何度も修正をして実物に近づけました。さて、4月に練習した面相筆の使い方が活きるでしょうか…次週へ続きます

児童部…6月1週目

児童部…6月1週目(6/6・7・9・10)の日記です

《豆本》
自由画の課題です。今週は、マッチ箱より小さいサイズの豆本作りに挑戦しました小さくても、表紙や裏表紙、背表紙もついている本格的な本ですよ〜

製本から自分で行います。豆本がバラバラになってしまわないように、大きさを均一に整えながら蛇腹折りにしていきます
DSCN9644_20180615120618645.jpg

DSCN9690.jpg

何百種類もある紙の中から、自分の好きな紙を選んで表紙や背表紙にしました木はだ・岩はだのようなゴツゴツした紙や、光沢のある高級紙、レザー風な紙もありましたねみんなの好みはどんなかな??
DSCN9603.jpg

さぁ内容を考えます絵本でも、図鑑でも、キャラクターを描いても…豆本の中身は自由です
DSCN9752.jpg

DSCN9729.jpg

こんな感じに仕上がりました〜サイズ感、伝わりますか〜
DSCN9680.jpg

DSCN9718.jpg

DSCN9739.jpg

DSCN9747.jpg

DSCN9763.jpg

DSCN9766.jpg

今回の豆本、本当に名作ぞろいで…感動物語からへんてこ話、なぞなぞ本、戦いの本、ドラえもんのパロディ、おもしろ図鑑、レシピ本、キャラ図鑑に、本当にあった怖い話などなど…バラエティに富んでいて、本の中身を全部紹介できないのがとても残念です(紛失しなければ…)年度末の作品展で是非皆さんに読んでもらいたいと思っています

児童部…5月4週目

児童部…5月4週目(5/30・31・6/2)の日記です

《ステンドグラス風オブジェ》
連続課題、後半戦です前回切ったスチレンボードにカラーセロファンを貼り付け、各パーツが重ならないように気を配りながら組み立てていきますキラキラした素敵なオブジェができましたよ

接着にはスチレンボードやセロファンとも相性の良い「Gクリヤー」というボンドを使用しています。乾きが早いので、素早く作業しますよ〜
DSCN9357.jpg

DSCN9542.jpg

DSCN9532.jpg

DSCN9394.jpg

こんな感じに仕上がりました(色々なタイプの個性豊かな作品があったのですが…全部紹介できないのが残念です!!)
DSCN9413.jpg

DSCN9556.jpg

《〇〇の一日》
「ステンドグラス風オブジェ」が早く終わった水曜日チームは、自由画の課題をしました「〇〇の一日」と題しまして、長い紙に、一日のタイムスケジュールを描いていきます

二人は自分の一日を描きましたよ
DSCN9366.jpg

DSCN9383_20180612144522fee.jpg

DSCN9380.jpg

《ペーパーマッシュ》
こちらは、素材を楽しむ課題です水で薄めた洗濯のりの中に、柔らかいお花紙を入れてひたすら細かくちぎります。どろどろになったところで、好きな絵の形に組み直し作品に仕上げていきます

まずは下絵を描きました。ペーパーマッシュのお花紙で再現できるかな
DSCN9519.jpg

制作中は作品回りが水気でベチャベチャしますが、最後に水分を拭き取りながらギュッと固めるので心配無用です紙の繊維がしっかり絡むように、ドロドロにして下さ〜い
DSCN9347.jpg

DSCN9492.jpg

一週間乾燥させて、出来上がった作品がこちらボコボコとした独特の風合いが素敵ですね
DSCN9578.jpg

DSCN9579.jpg